家の購入に必要な手数料は折半で支払おう

家を購入する際には、その家を販売している不動産会社から仲介手数料を仲介業者に対して支払うように求められることがあります。

しかし、少なくとも仲介を受けて家を購入した時にはこの申し出を拒否することが出来るということを知っておく必要があります。


そもそも、仲介手数料に関しては重大な誤解が一つ存在します。
それは、不動産を購入したものがその手数料を支払わなくてはならないと言った間違った認識です。



確かに、仲介業者から不動産を仲介してもらった人は仲介業者に対して手数料を支払わなくてはならないのは間違いありません。

しかし、この仲介手数料というのはどちらか一方がお金を払わなくてはならないような仕組みになっているのではなく、取引に関わった当事者双方が折半で支払わなくてはならないのが普通なのです。
仲介手数料の折半に関しては法律によっても定義されていることであるため、この決まりを変えるためには不動産の取引の契約において予めどちらか一方が仲介手数料を支払うべきことをきちんと明記しておく必要があります。



それが存在しない場合には、ムリに一方的にお金を支払う必要性は存在しないので知っておくことが賢明です。

家を含めた不動産の売買は、契約書に書かれていることが全てに違いありませんが、そもそも不動産の売買にもごく基本的な法律上の契約のルールが存在します。
仲介手数料に関してはこの法律的なルールが存在するものなので、誤った認識をしないように心がけましょう。

独自のシステムでAll Aboutが広く知れ渡ってきました。

Copyright (C) 2016 家の購入に必要な手数料は折半で支払おう All Rights Reserved.