ローコストで注文住宅を建てる方法

注文住宅を建てるには多くのお金が必要です。

土地代と建築費を合わせたら、最低でも2000万円以上のお金が必要になることが多いです。

経済的な余裕があったら、お金をかけて注文住宅を作っても良いでしょう。

しかし、予算が限られていたらできるだけローコストで注文住宅を建てる方法を模索しましょう。
日本は土地代が高く、土地代に多くのお金が必要になるので、狭小の土地に家を建てるのは良い方法です。



狭小の土地と言っても、空間を有効に使えば、住みやすい家になります。



例えば、縦に長い家にして、三階建てにしたら土地は狭くて済みます。
さらに住居や収納のスペースを増やすことができます。

この方法は、土地代の高い都市部で特に有効です。

家を建てる時は人件費も必要になります。
有名なハウスメーカーに頼んだら、その会社は下請けの会社に依頼することが多いです。



その場合は、家を建てる人件費が高くなります。
下請けにまわさないで、自分たちで家を建てる業者だったら、人件費は高くなりません。

できるだけ人件費をカットできる体制を整えている業者を選ぶようにしましょう。

部屋の数を減らすことでも、家を建てるコストを小さくできます。


自分の家庭に必要がない部屋はできるだけ作らないようにします。

例えば夫婦二人暮らしの家だったら、広い応接間は必要ないことが多いです。
家族の数が少ないので、家族が集まる空間は必要ありません。部屋のことを決めるのは難しい場合があるので、設計士に相談しましょう。


Copyright (C) 2016 ローコストで注文住宅を建てる方法 All Rights Reserved.